話題の食品、お店、料理レシピなど食の情報を発信。

foodcamp

山ごはん

登山や非常時に便利!アルファ米を食べてみる

更新日:

アルファ米とは?

アルファ化米とは、炊飯により生米のベータでんぷんをアルファ化(糊化)させたのち、乾燥処理されたお米です。

アルファ化米はお湯もしくは水を注入することで可食状態となります。乾燥状態のため、保存性が良く5年間ほど常温保管が可能であり非常食や保存食として備蓄されています。

 

アルファ化って何?

いきなりベータやらアルファやら難しい言葉が出てきましたので、簡単に説明します。

 

お米には粘りの元となるでんぷんが多く含まれています。生米の状態ではベータでんぷんという形で含まれています。この状態では硬く、うまく消化もされません。

これに水を加えて加熱する(炊飯)することで、ベータでんぷんの構造が変化し、アルファ化でんぷんとなります。この過程がアルファ化です。こうすることで水分を吸収しふっくらとした食感となり、消化できるようになります。

小麦粉を使用したパンも同じ原理です。小麦に含まれるでんぷんも生のままではもそもそしていますが、水と混ぜて加熱することでふっくらと柔らかな食感になりますよね。

 

しかしこのアルファ化でんぷん、冷めてくるとベータでんぷんに戻ってきます(でんぷんの老化)。炊いたご飯や、パンを冷蔵庫に保存しておくとボゾボゾとした食感になった経験はありませんか?これ、ベータでんぷんに戻ってしまうためなんです。

アルファ米では、炊飯後急速に乾燥させることでアルファでんぷんを保ったまま乾燥が進みます。そのため、食べる時に再加熱する必要がなく、お湯や水を注ぐだけで水分が吸収されて炊いた状態のご飯が復元されます。

 

 

メリット・デメリット

メリット

  • 水もしくはお湯があればどこでも食べられる。
  • 常温で長期保存が可能(一般的に約5年)。
  • ゴミが最小限で、洗い物も出ない。

登山や災害時にはぴったりですね。長期保管可能なので、とりあえず何袋か常備しておくのにもよさそうです。

 

デメリット

  • 乾燥工程でごはんの風味が損失する。
  • 復元にやや時間がかかる。
  • やや高価(1食300円程度)。

購入する場所によっては、もう少し安く購入可能です。利便性を考えれば、これぐらいの価格でもアリな気がします。

 

実食!

今回はアルファ米の主要メーカーである尾西食品の白飯を購入して見ました。

登山用品点などでよく見かけますよね。

非常食 尾西の白飯 100g アルファ米スタンドパック(アルファ化米 白米 アルファー米 保存食) [M便 1/4]

価格:257円
(2018/4/8 16:11時点)
感想(260件)

内容量は乾燥状態で100gと山に持って行くにはかなり軽量でありがたいです。

熱湯では15分、水なら60分で復元できるようです。今回はお湯で試してみます。

なんとスプーンまで付いていました乾燥剤は忘れずに取り除いてください

規定量のお湯160mlを注いで15分待ちます。容器内に線が付いているのでわかりやすいです。山だとお湯の沸点が下がるため、湯戻しにもう少し時間がかかるかもしれません。また、袋は保温性がそこまで高くなさそうなので、外気温によっても戻し時間が変化しそうです。

15分後、パックを開けてみるとふっくらとしたご飯が!見た目は普通に炊いたご飯と変わりません。

茶碗に盛り付けてみました。出来上がりは260gなので一食分として十分な量です。

ちゃんとごはんの粒が立っています

 

食べてみた感じは、炊いて少し時間のたったごはんといった感じでしょうか。

ごはんの香りは、やはり炊きたてには敵いません。

しかし、普通に美味しいです!食感もちゃんと炊いたご飯と遜色ありません。晩御飯として茶碗に盛られて食卓に出てきてもアルファ米だとは気がつかないと思います。

保存食の技術進化に正直驚きました。これとスープがあれば登山でのご飯がかなり豊かなものになりそうです。

 

味のバリエーションもかなりの数が出ているようで、色々と試して見たいですね。

登山用途だけでなく、防災目的として家にストックしておくと安心ですね。普通に美味しいので、ごはん炊くのが面倒な時についつい食べてしまいそうですが。

【送料無料】非常食セット 尾西食品のアルファ米12種コンプリートBOX(防災セット ご飯)【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

価格:3,579円
(2018/4/8 16:14時点)
感想(3236件)

-山ごはん
-, ,

Copyright© foodcamp , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.