話題の食品、お店、料理レシピなど食の情報を発信。

foodcamp

新商品

【冷凍食品】麺屋一燈「麺屋の炒飯」を食べてみた

更新日:

新小岩にある有名ラーメン店 麺屋一燈監修の冷凍炒飯を見かけたので購入してみました。

有名店監修ものは即席ラーメンやレトルトカレーではよく見かけますが、冷凍炒飯でも流行っているのでしょうか?先日は、すみれのチャーハンを紹介しましたが、他にもいきなりステーキのガーリックピラフとかもありますしね。

 

【冷凍食品】美味しいと話題のセブンの「すみれチャーハン」を食べてみた

札幌の有名ラーメン店「すみれ」のチャーハンが冷凍食品となってセブンイレブンで発売中です。 各所でとても美味しいとうい評判を聞くので、実際に食べてみました。   実食 内容量は300gで少なす ...

続きを見る

 

魚介ラーメンスープの風味をイメージしているようで、どんな味なのか期待が高まります。

 

実食

 

黒と金のパッケージで、某メーカーの冷凍チャーハンとパッケージのイメージが似ているような。内容量は450gで一般的な量です。価格は、近所のスーパーで299円(税込)でした。

 

 

製造は日清食品冷凍株式会社です。具材は、卵、チャーシュー、ねぎとシンプルです。チャーシューは豚ではなく、鶏肉のようです。今回は1袋一気に電子レンジで調理しました。

 

 

レンジアップすると魚介の香りが強く香ってきます。魚粉がたっぷり入った濃厚魚介つけ麺を彷彿とさせるような香りです。

食べてみると、ふわっと魚粉の香りが広がります。鶏ガラスープと鰹出汁を合わせたラーメンスープのような味わいです。ネギがシャキシャキとしていてフレッシュさが感じられます。味付けは、一般的な醤油が強いタイプではなく、塩っぽい感じで以外にあっさりと食べられます。ラーメンと一緒に食べるならこれぐらいがちょうど良いのかもしれません。

一方で、炒め感や香ばしさなどは弱めで、チャーハンというよりも炊き込みご飯風な感じです。全体的にふんわりとしたイメージな仕上がりです。

 

魚介の風味はかなりガツンと効いた和風なチャーハンで、今までになかったタイプではないでしょうか。ある意味、先日食べたすみれのチャーハンとは対極にあるような風味です。魚粉がよく効いた魚介系のラーメンが好きな方は結構ハマる味だと思います。

 

-新商品
-,

Copyright© foodcamp , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.